FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア様がみてる

最近、ちょっとごたごたして自宅にいない時間も多いので、最初からマリみてを読み直しまして、先日祥子卒業の「ハロー・グッバイ」まで一気に読了しました。
読み直すの10年ぶりくらいで、特に後半の祐巳の妹問題については色々と思うところ、新たな気づき等ありましたが、とりあえず一巻の感想を書いてみました。
折り畳みます。

ただしく「原点」ですかね。
福沢祐己というごくごく平凡な女の子が、ある偶然を切っ掛けに憧れの存在である小笠原祥子と関わり合い、そして「紅薔薇のつぼみの妹」になる物語。
やはり最初の話なだけあり、マリみてという世界の雰囲気やその独特な魅力が色濃く感じられる一冊だと思います。
リリアン女学園、姉妹制度、薔薇様といった固有の設定も当然ながら初出のため、作中の所々で祐己のモノローグで説明文が入っていますが、完結まで読了済みかつ長らく二次創作に関わっていた身としては、一周回ってとても新鮮でしたねw

祐己も祥子を「崇拝している」とか文中にある割に意外とのっけから反抗気質を持っていて笑わせてくれたり、由乃がこの時点ではまさに「理想の妹」然とした描写しかされていなかったり(というかほぼ描写がないんですが)、その中で志摩子だけはあんまり印象変わんなかったりと、今更ながら気付かされることも多々。挿絵もそれほど多くないせいか薔薇様(三年生組)のキャラもなんだかふわっとしている印象です。ただし白薔薇は自己主張強め。

良くも悪くも、高校生の女の子たちの小さな日常を描いた物語で、それをお嬢様学校という舞台装置と姉妹制度や薔薇様という特異の設定がうまく物語としての味というか、オンリーワンな魅力を上手く作り出しています。彼女たちに起こる事件は、私たちのような大人から見れば取るに足らない、そこまで大騒ぎするようなことではないものが殆どですが、彼女たちからしてみれば天地がひっくり返ったような出来事だったり、涙が出るほど感情を揺さぶられるものだったりします。今野さんは文章力や構成力といった小説家としての総合的な能力はともかく、そのギャップを登場人物の丁寧な心情を通して上手く読者の心に落とし込むことにかけてはとても上手い作家さんだなと改めて思いました。
……まあ、中盤~後半の祐己妹問題ズルズル引き伸ばし時期と違ってネタも材料も豊富でモチベーションも高いだろうしね!(*'ω'*)

祐巳は祥子さまを好きで。
今でも好きで。好きだからこそ、最後のプライドで祥子さまを拒んだ。
たまたま近くにいた誰か、では悲しすぎる。どうしてそれが、祥子さまにはわからないのだろう。

(マリア様がみてる 129ページより)

1巻で個人的に一番好きな描写は、以前も今もここでした。
クラスメイトに祥子さまとの関係を問い詰められて、受け流すことができず涙を流してしまうシーン。
出会う前の憧れ・崇拝ではなく、祐巳が実態として祥子を知って、知って好きになった上での感情の吐露であり、プライドを覗かせた彼女の素直な心情が胸に突き刺さってきます。中盤以降の、たくましくなった祐巳の片鱗も少しだけ感じらますね。

コメント

No title

またいきなり一巻の感想きたな……と思ってましたが、ちゃんと「ハロー・グッバイ」まで読了しておられるんですね。これはすごい。
SSやってるころは二度三度と読み返してましたが、近頃は離れております。もしまたマリみてSSをやろうとしたら、アニメを見るだけではなくて本文に戻らないといけないでしょうね。

引用されたところは、私も好きな部分でした。百合・ソフト百合のはしりと言われつつ、なんというかそれだけでおさまらない少女の心の陰影みたいなものが垣間見える気がします。
ラノベのはしりみたいなコバルトの代表作だし、説明的になりすぎたり、たぶん今野先生も苦労するところはあったと思いますが、一巻のそこらへんの描写は言葉遣いもいいですよね。マリみては何冊か読んで好きになったわけではなく、一巻目でわしづかみにされました。長くつづく物語はやはり、最初が肝心なのだなあと思うことしきりです。

No title

>鎖六様

本当は全巻感想書きたいなーとか思ってたんですが、筆が乗らないうちにあれよあれよと読み進めてしまいました。やっぱ面白いですねマリみて。特に初期。

年頃の女子たちのきめ細やかな心の動きに関する描写は、今も昔もすごく秀逸だと思ってます。中長期的な伏線や設定に関してはアレですが、それでもこれほどの人気を博したのはそれゆえでしょうね。
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。